固定費の削減によるお金の節約効果

お金の管理ってとても難しく面倒ですが、家計の中でも固定費を削減する事による効果は、一時的な面倒くささがありますが一度行うとずっと継続して節約が自動的に行われるのでとても効果が大きいです。

暮らしていると様々な固定費があると思いますが一つ一つその節約効果を説明したいと思います。

通信費の削減
今や、携帯電話を使用している人が多数を占め更にスマートフォンが主流になっていますが、こちらの通信費は馬鹿に出来ません。大手キャリアを利用していると一人当たり、月々10000円を超えている方も多いのではないでしょうか。機械に弱い方には結構面倒で難しいと思われがちですが、格安携帯、SIMに替える事で月々2000円位に料金を抑える事が出来ます。お店で、手続きをしてくれる所も増えていますので是非検討してみてください。年間で、80000円以上お金が浮くかもしれません。参考サイト→格安SIM比較

住宅費
賃貸、購入様々な形のある住宅ですが、どちらもとても生活費の中で比重が大きいものの一つだと思います。賃貸ですと、毎月の支払額は決まっているので思い切って少し安い所に引っ越すのも手ですが、引っ越し代が掛かったりしてしまうので家賃の交渉という手もありますよ、現在地域によっては、借り手が減っている場所もあるので大家さんに相談してみると意外に下げてくれたりします。我が家も以前賃貸で家賃交渉をしたのですが、駐車場代を無料にしてもらえたことがあります。(月15000円)とてもラッキーでしたが、言わないとそのままなのでダメ元で行ってみるのもいいかもしれません。

住宅ローンは、現在歴史的に見ても低金利を推移していますが、何といっても元金が大きいものなので少しの金利の変化が返済額に大きく影響します。既に契約済みの方も、銀行の方に交渉する事で金利を少し下げてもらえる事があります。他社に借り換えを考えている旨とその簡単なシミュレーションを作り交渉した結果我が家では、2度にわたり同じ銀行で金利を下げてもらえる事に成功しました。

こちらも言わなければそのままなので、お金に関する事はほぼ自分で動かないと始まらない部分があります。かなり面倒な手続きではありますが、その分お金が浮く数字もとても大きいので是非いちど見直ししてみてはいかがですか。